コツを知る

インドネシアで会社を設立する際に何が必要なのか、事前にしっかりと調べることが大切です。海外に会社設立を行う場合、進出する国のルールにしっかりと則って進めなければいけません。インドネシアでは、会社設立を行う場合基本的に株式会社として設立しなければいけません。ただし、会社設立をする際に現地のルールを事前にしっかりと確認しなければいけません。会社設立を行う際に参考にしなければいけないのがネガティブリストです。ネガティブリストは、外国投資に対して禁止されている参入分野を制限するリストです。進出しようとしている自社が問題なく株式会社として参入することが出来るかどうか事前調べをしっかりと行わなければいけません。また、進出する際に会社の名前を届け出なければいけないのですが、最低2種類以上考えなければいけませんので注意しましょう。また、本社がどこに作られるのか所在地の届け出が必要になります。レンタルするオフィスのオーナーが発行する所在地証明書とオフィス賃貸契約書の2種類の書類を届け出なければいけませんので気をつけましょう。会社設立のために必要な資本金も決められており、最低50,000,000ルピア以上の資本金が必要となりますので注意しましょう。設立の際には最低2人以上の株主と1人以上の取締役が必要になりますので注意が必要です。インドネシアで会社設立をするためには何を準備しなければいけないのかしっかりと把握することで、進出をスムーズに進めることができます。必要な物をしっかりと揃えましょう。